スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
△ pagetop
7歳のバースデー
速いものでルーク7歳になりました、もうお爺ちゃんで僕と同じです。

ルークより年上のサワちゃんがこの前DISC大会で優勝してました、
ルークもまだまだ散歩頑張らないといけません。

DSC_2671.jpg
特にケーキはありませんが、牛肉をプレゼントしました

DSC_2673.jpg
お父さん、もう待てません食べていいですか?目が真剣です。

DSC_2674.jpg
よし!

DSC_2675.jpg
1秒

DSC_2676.jpg
2秒

DSC_2677.jpg
完食です、もっと欲しいです




スポンサーサイト
Luke | Comment : 8 | Trackback : 0
△ pagetop
大村先生ノーベル賞おめでとうございます
世界中の人々が「オンコセルカ症(河川盲目症)」や「リンパ系フィラリア症(象皮病)」から
ワンコもこの薬のお陰でフィラリアから守られています

イベルメクチンとは

土壌1グラムの中には、約1億匹の微生物がいるとされる。大村氏は70年代から各地で土を
採取して微生物を分離・培養し、その微生物が出す化学物質に有用なものがないか調べていた。

 エバーメクチンは、そのうちの一種。静岡県伊東市のゴルフ場周辺の
土中にいた新種の放線菌が、寄生虫駆除に効果がある成分を出して
いることを突き止め「エバーメクチン」と命名した。
さらに米製薬大手のメルク社との共同研究で、構造を一部変えた駆除薬
「イベルメクチン」を開発。この薬はわずかな量で家畜のさまざまな感染症
や犬のフィラリアに劇的に効き、世界で最も使われる動物薬の一つになった。

 さらにエバーメクチンはヒトにも効果があることが分かり、蚊やブヨが媒介
する熱帯地方特有の病気「オンコセルカ症(河川盲目症)」や
「リンパ系フィラリア症(象皮病)」、ダニが原因の皮膚病「疥癬(かいせん)」
などの特効薬として普及した。

 リンパ系フィラリア症も含め、イベルメクチンの服用で感染の危機から救われた人は約3億人に上るという。
Luke | Comment : 2 | Trackback : 0
△ pagetop
健康診断
ルークももう直ぐ7歳になるので中年のおじさんの
健康診断を受けました。
更に、父も引退してから受けてなかった特定健診を
初めて受けてみました。
サラリーマンの時は会社で毎年健診に行かされましたが、
引退すると町内会の会館で行われる特定健診が安くて
簡単です、しかしバリウムとか眼の検査などはありません。
IMG_0438_20150730121353948.jpg

中年になったルークの結果は問題なしでした、多分僕と同じで要らない脂肪が
付いていると思われます


IMG_0437.jpg
僕は健康診断歴40年ですが今まで問題が有った事はありません、
胃カメラと言われても結局問題なしでした。

メタボの腹囲85cmは基準がオカシイと思います、余程痩せてないととても
85cmに収まるとは思えません。
今回も内科は全く問題なしでしたが、見えない老化が進行中で左膝の内側に違和感
ありです。

体が痛くなる事を知らなかった40代に戻りたいです。


Luke | Comment : 0 | Trackback : 0
△ pagetop
モコちゃん来訪
チルさんとモコちゃんが我が家に遊びに来ました

20150724IMG_0418 (4)
お嬢様なモコちゃんは床が滑るのでソファーの上です
父のオヤツ攻撃で二人とも釘付けです

20150724IMG_0418 (5)
お嬢様は赤い絨毯がひかれてないので降りれません
御つきの者、早く赤い絨毯を持ってまいれ!
汚れたマットでは降りられないではないか!

モコちゃんからのテレパシーでした。




Luke | Comment : 2 | Trackback : 0
△ pagetop
御土産
昨日の砥石山散歩でお土産がくっ付いて来ました、途中で6匹程は
千切っては投げたのですが、知らない内に左右の眼の近くに食い
付いていました


20150707DSC00130 (1)
クルクルして取りました、今年はダニの当たり年です

20150707DSC00130 (2)
今年からこのクスリを飲ませてます、フロントラインはルークが嫌がるので
可哀相で使えませんがこのクスリは食事と一緒にスルット食べます


Luke | Comment : 2 | Trackback : 0
△ pagetop

最新記事一覧

Copyright © けたま All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。