スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
△ pagetop
ロベール・ドアノー展
札幌芸術の森美術館で開催されている写真家ロベール・ドアノー展のチケットを
いただいたので早速見に行ってきました

彼の1920年~1980年代のモノクローム写真を見ているとパリの変化が
人々の暮らしが映画を見ている様に頭の中を流れていきます

僕が訪れた1980年には既に近代化されていましたが、建物や石畳は当時の
ままで、変わらない美しさを残していると思います

日本と違い建物や風景には変化しない事を良しとする文化が受け継がれています
アジアとヨーロッパの文化の違いを感じます

近くの小学校の生徒が見学に来ていました、小さい頃から異なった文化に親しむ
事は素晴らしい事だと思います

2013620DSC_0013 (10)
僕にとって幾つになってもパリは憧れの街です

2013620DSC_0013 (1)
車の中で待っていた忠犬ルーク・・美味しい水をもらい満足

2013620DSC_0013 (2)
折角南区に来たので、真駒内公園を散歩する事に

2013620DSC_0013 (4)
橋の上から川を覗く犬・・どこでも必ず覗きます

2013620DSC_0013 (3)
川も流れていて爽やかです・・森林公園のカナルも綺麗で流れていれば最高なのに

2013620DSC_0013 (5)
平日の昼でしたが散歩、ランニングの方々が結構いました

2013620DSC_0013 (6)
屋外リンクの聖火台

2013620DSC_0013 (7)
立派な木です

2013620DSC_0013 (8)
樹齢270年のカツラ

2013620DSC_0013 (9)
君も270年生きてみるかい?

other | Comment : 2
△ pagetop

Comment

チル

2013/06/24 08:24 ・・・EDIT

  ルーク家は本当に行動が早い!
芸術の森の芝はわんこもOKなんでしょうかね?
一緒に彫刻とか見られないのかな?

ルーク父さんの憧れの街だったとは、
グッドタイミングだったでしょうか?(^^)v

ルーク父

2013/06/24 10:37 ・・・EDIT

  チルさん

ありがとうございます、暑くない内に行ってきました。

芸術の森はワンコNGだそうです、良ければルークと一緒に
散歩しようと思ったのですがダメでした。
それとこのドアノー展を見るとおまけで芸術の森に100円
で入れます。(モコちゃんは入れませんが

生まれて初めての外国の町がパリで、横浜から船に乗り
ナホトカ、モスクワ経由でパリに入りました。
今の様にインターネットで情報を得られなかったので、カルチャーショックが大きかったです。
あれから30年以上経ちましたがまたのんびり旅がしたいです。


 

 

 

最新記事一覧

Copyright © けたま All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。