スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
△ pagetop
2007年GW穂高
今年は雪が少ない!
山だけでももっと降って欲しいのに。
キロロもパウダー無いみたい。

ブログネタが無いので昔々の写真出します、穂高と次は飯豊の楽しい写真です。

2007年の5月ゴールデンウィークに仙台から遠路はるばる行ってきた、
一日目は上高地から涸沢
二日目は北穂高
三日目は奥穂高に登り上高地へ、松本から新宿、新宿から夜行バスで仙台
山より都会の移動で疲れる。

20070504DSC00059 (1)
北穂高への登りから見た涸沢テント村、少ない方です

20070504DSC00059 (2)
北穂高から降りてきて、小屋でアイスクリーム、相方のビールも持たされた

20070504DSC00059 (3)
前穂高と奥穂高に囲まれた涸沢

20070504DSC00059 (4)
米粒の様な奥穂のコルに向う登山者

20070504DSC00059 (5)
奥穂高へののぼりで姿を見せたライチョウ

20070504DSC00059 (6)
メインイベントの奥穂高への登り、鎖や梯子があるが、その後の上部に見える
人が歩いている辺りが多少緊張します、落ちるとネットに引っかかるか死ぬか

20070504DSC00059 (7)
奥穂高頂上、我々は涸沢から往復ですが、このやる気満々の方々は前穂高方向に消えて
行きました。

20070504DSC00059 (8)
奥穂高から見たコルから涸沢岳へのルート

20070504DSC00059 (9)
僕のシモンsuperD ピッケル、この後はグリセードでガンガン下って来ました

20070504DSC00059 (10)
涸沢から横尾と通って上高地の河童橋に戻って来ました。



mountain | Comment : 3 | Trackback : 0
△ pagetop

Comment

mocoパパ

2015/03/11 23:55 ・・・EDIT

  おー(◎o◎)
やっぱりルーク父さんは山男でした!
本州の山も似合うのは流石です(笑)
山の雰囲気が北海道の山とは異なるような感じがしますね!
私も、一度は行ってみたいですが・・・
キット、叶わない夢でしょう。。。
父さんと同時期に私も単身赴任だったので親近感が湧いてきます(o^^o)♪

チーパパ

2015/03/12 05:27 ・・・EDIT

  素晴らしい景色ですね!自分も何時かはこんな雪渓を
登ってみたいと思いますが・・・アイゼンとピッケルの世界
に足を踏み入れるのは勇気がいります(-_-;)

ルーク父

2015/03/12 09:31 ・・・EDIT

  芦別岳本谷に残雪期行けばこのような雰囲気を
十分味わえます。
山スキーで転んで滑落するのも、アイゼン付けて滑落
するのも危険は同等かと思います。
スキーを付けてると止まれるので危険を感じなくなってる
だけです。
これからの方々を危険な世界にこれ以上誘い込むのは
悪いことだと思います。(笑

若いと危険を感じない様で羨ましい、歳をとると責任が
増えて冒険が出来なくなるのか、腰が重くなって計画
ばかり考える今日この頃です。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://arnecco.blog13.fc2.com/tb.php/858-648fc797
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧

Copyright © けたま All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。